toggle
2017-07-19

シャンプーのやり方 の話

こんにちわオジマです
意外と知らないシャンプーの正しいやり方があるのをご存知でしょうか?

そこでこの「正しいやり方」を解説していきたいと思います


バスルームに入る前にブラッシングをする
浴室に入る前に行うブラッシングには、シャンプーの泡立ちを良くし髪の毛の汚れを落としやすくする効果があります
泡立ちやすくすることで、頭皮に泡が行き届きやすくなり汚れをしっかり落とすことができます
特に髪の長い女性はブラッシングすることがとても重要なので、今日からシャンプー前のブラッシングを習慣にしてみては?

【その2】
シャンプー前の予洗い
どのくらいしていますか??
想像してみて下さい
あなたは今、美容室のシャンプー台で横になっています
そこでシャンプー前の予洗いがスタートしました

……
………
思いのほか長くないですか?
短くても1分くらいはあったはずです
それくらい濯がないと後からのシャンプーが泡立ちにくくなってしまいます
予洗いだけで汚れの7割程度は落ちるとも言われています
しっかり濯いでください

【その3】
シャンプーは2度洗い
頭皮の汚れ・脂を十分に洗い流すために基本シャンプーは2度洗いしましょう
1度目のシャンプーは髪表面の汚れを洗い流す&頭皮の汚れを浮き上がらせることが目的
1度のシャンプーではワックスの油分やスプレー剤は落としきれない事が多々あります
ココでもし泡立ちが悪かったとしてもすぐに洗い流さずに良く揉み込んで乳化させてみてください
スタイリング剤などの油分が多く残っていると、そのままシャンプーを足して泡立たせようとしてもなかなか泡は立ちません
あまりにもシャバシャバな場合はもうワンプッシュ
ガシガシこすらず優しく揉み込んでから一度流します

2度目のシャンプーは汚れの徹底洗浄&頭皮ケアが目的
1度目のシャンプーで泡立ちは劇的に良くなっているハズ
しっかり泡立てて髪同士の摩擦のダメージを減らしたいので、モコモコに泡立てておきたい
指の腹 を使って頭皮を洗いながらマッサージも実施
頭の汚れ・脂は頭皮に集中しているため、頭皮を意識的に洗うことが重要です
頭皮の血行を促進するためにシャンプーをしながらの頭皮マッサージを意識しましょう

あとはしっかりと濯ぐコト
ちゃんと洗えると髪の立ち上がりや乾きにも変化がでてくると思います
ぜひ試してみてください

The following two tabs change content below.
OJIMA

OJIMA

『かゆい所に手が届く』そんな美容師でありたい♪ 予約する
OJIMA

最新記事 by OJIMA (全て見る)

関連記事