toggle
2018-11-25

心躍らないお買い物。大金使います。

以前のブログで娘が生まれた事をご報告させて頂きました。

新しい家族

祝福の声が聞こえる気がする。ありがとうございます。

そんな訳で家族が増えて生活環境が大きく変わりました。

家は狭くなったし、どこかで誰かしら泣いてるし、う○ちは漏らすし…。

もう大変な毎日です。

そんな中今一番頭を悩ませているのが

 

 

『車どうする問題』

今までは軽自動車に乗っていたのですが、5人に増えた今家族全員で乗れなくなってしまいました。

どこかに移動するにも車組と電車組の二班に分かれるか、2回に分けて車で運搬するか(もちろん自分が)

どっちにしろめんどくさ!

これは早急に車を買い替える必要があると購入を決意した訳なんですが、ここで更なる問題が…

 

 

『車に興味ない問題』

そうなんです。自分が車というものに全く興味が無く、雨風しのげて壊れず走ってくれれば車種とか何でも良いしこだわりが全くありません。

そんな興味が無い物にまぁまぁ高いお金を払わなければいけない…気が乗らないですね。

 

 

とは言え嫌だ嫌だとも言ってられないので車屋さんへ行ってきました。

車を目の前にしても全く心が躍りません。

とりあえず最低条件のあまり古くなく壊れなさそうな車両ピックアップ。

妻は絶対スライドドアが良いと言い張るのでその条件もプラス。

何台か見させていただいて目星を付けました。

150万オーバー…。高い買い物だ…。

ローンを組んで金利取られるのもばかばかしいので現金一括払い一択ですね。

 

 

大きい買い物をする時ってもっとテンション上がるもんだと思っていましたが、淡々と説明を聞き見積もりの数字を見る自分にびっくりしました。

実際このブログを書いている今も、なんて言う車を買おうとしているのか思い出せないくらいです。

写真見て分かる人教えて下さい。

でも息子達は車が新しくなると聞いてめちゃくちゃ喜んでくれて、一緒に車を見に行った時も運転席に座ったりしてはしゃいでいました。

息子達があれだけ喜んでくれるなら、高くても買って良かったと思えるかもしれないですね。

The following two tabs change content below.

KAAI

安定した技術とスピードを心がけて、お客さまが満足するサービスを提供します。 家に帰ってまとまりやすい、まわりから好評だったと言われるようなスタイルをご提案します。
関連記事