toggle
2019-01-10

子どもの髪型を可愛くする3つのポイント

先日うちの子ども達(男4歳、男2歳)の髪の毛を切ったのですが、小さい子どものカットは難しいですね。

髪を切ること自体はいつも通りやればいいのですが、椅子にじっと座ったままの状態を維持するのが…。

子どもの集中力は10分程度(我が子調べ)。その短時間で切るにはどうすればいいのか、今回はお子さんのカットに手こずっている親御さんのために、今までキッズカットをしてきた中で学んだポイントをまとめていきます。

1.まずは環境を整える

子どもを椅子に座らせたらまずは子供の好きなアニメなどを点けて注意をアニメに向ける。

アニメに夢中になっている隙に手早く準備をして行きます。

子どもは細かい毛が肌に当たってチクチクするのを非常に嫌がるので、首にタオルを巻いてあげるといいでしょう。ケープがあるとなお良し。

2.いよいよカットスタート。バリカンを使うときは慎重に

男の子のカットの場合はバリカンを使うと手早くカットできますが、お子さんによってはバリカンの音を怖がりスイッチを入れた瞬間逃げ出す場合があります。

また首の産毛を剃ろうとするとくすぐったがって逃げ出す場合があるのでそこも注意が必要です。

女の子のカットや、怖がってバリカンが使えないなどの場合はハサミでカットしていきましょう。

子どもは毛量が少ないので場合によっては長さを切るだけで十分なこともあります。

ハサミを縦に入れて切るだけでも毛先が自然になります。

とにかくスピード重視で。

3.前髪は最後に切りましょう

子供の視界にハサミが映ると、それだけでイヤイヤが始まるので前髪は最後に切りましょう

前髪を切るときも細かい毛が目や口に入ってしまったらその時点で終了です。

あと一息なので細心の注意を払いましょう。

手のひらに前髪を乗せ、手の上で切るようにすると切った毛が顔に落ちにくく子どもが嫌がらずに切ることができるので試してみてください。

 


いかかでしたか?

子どものカットでとにかく気をつけるのが、注意をそらすことと不快感を与えないこと、あとはスピードです。

少しでも気をぬくと逃げ出すので気をつけてください。

あとは髪を切ることに恐怖感を抱かせないように楽しい雰囲気で切ってあげるのも大切です。

参考にしてみてください。

《キーワード》
【横浜/ヘアサロン/owl/キッズカット】

The following two tabs change content below.

KAAI

安定した技術とスピードを心がけて、お客さまが満足するサービスを提供します。 家に帰ってまとまりやすい、まわりから好評だったと言われるようなスタイルをご提案します。
タグ:
関連記事