toggle
2016-11-08

ヘアカラーをしたいと思ったら、今の色味を見てみよう。

最近は外もだいぶ寒くなってきましたね。このままあっという間に冬になりそうです。

季節が変わると気持ち的にカラーチェンジをしたくなる方が多く、最近は秋にレッド系やベージュ系のカラーをしていた方が、冬らしいカラーに変えたいという要望が多くなってきました。

色を変えたい気分なんです

そこで大幅なカラーチェンジを考えている方に、希望する色味をキレイにだす為に知っておいて欲しい事をご紹介致します。カラーリングの際に参考にして頂ければと思います。

カラーチェンジの際気にして頂きたいのが

前回の色味の残り具合

前回の色味が残っているとやりたいカラーの邪魔になってしまう可能性があります。

例えば、前回レッド系のカラーをしていて、今回はブルー系のアッシュにしたい場合

そのままブルー系を入れても、バイオレッドっぽくなったりします。

そうならないようにお薬の力でで赤味を取ってから色味を乗せたり、レッドの反対の色のグリーンを混ぜて赤味を隠したりと、希望のカラーにする為のやり方はいくつかあります。

ただこのやり方だとダメージがでたり、余計なくすみがでたりします。

なのでより綺麗なカラーにする為に

一度ブルー系のベースを作る

一回で希望の色にするのではなく、何回か希望の色味を重ねてクオリティを高めていく方法です。

このやり方だと、ダメージを最小限に抑えてくすみのないクリアな色を作れます。

時間をかけて作るカラーはとても綺麗なのでオススメです。

どのやり方がベストなのか美容師さんと相談しましょう

 


そして先日このやり方でモデルさんのカラーをしました

前回はピンク系のカラーをしていて少し赤味が残っているモデルさんをきれいなアッシュにしたい。

image1

クリアな色味にしたいのでアッシュにパール系の色味を足して

ブラウンは入れずに色味だけでベースを作ります。

image1

仕上がりがこちら

赤味が隠れてアッシュ味が入りました。今回は前回の赤味の影響で青みが弱いので

次回もアッシュを入れて完成度を高めるととても綺麗な色になります。

img_5155

 

セットして撮影してみるとこんな感じ。

色んなカラーを楽しむ為に参考にしてみて下さい。

 

The following two tabs change content below.
KAAI

KAAI

安定した技術とスピードを心がけて、お客さまが満足するサービスを提供します。 家に帰ってまとまりやすい、まわりから好評だったと言われるようなスタイルをご提案します。
関連記事